30代からでもはまる!おすすめ少女漫画

大人になってもトキメキを感じたい!30代からでも楽しめるおすすめ少女漫画を独自の世界観で紹介するブログ

私の今、一番の一押し!あなしん先生の「春まつ僕ら」♪

この漫画、個人的にすっごく好きなので、

ちょっと熱めのご紹介になりそうです(笑)

 

あなしん先生の「春待つ僕ら」、

こちらの漫画は2017年5月現在、7巻まで発売中です。

 

f:id:mana-mana717:20170521220729j:plain

 

■「春待つ僕ら」のおおまかなあらすじ紹介

 

主人公、春野美月(はるのみつき)は小学校のときの

些細なクラスメイトからの嫉妬で、

友達のいない寂しい日々を過ごしていました。

そんなある日、近所の公園で1人でバスケットボールをしている

あやちゃんと仲良くなります。

あやちゃんと出会ったことで色々な事を頑張ることができてきた美月ですが、

あやちゃんの親の都合でせっかく仲良くなれた

あやちゃんが海外へ行ってしまいます。

 

あやちゃんの事を想いながらいつか会えることを信じて高校生になった美月。

中学でもちゃんとした友達ができなかった美月は高校こそはと、

初めてのクラスでなんとか友達を作ろうと頑張ります。

しかし、勇気を出して声をかけようとするのですが、

なかなか思うようにいかず、一人ぼっちの日々が続きます。

ある放課後、ゴミ捨ての時に通った体育館の入り口に

群がる女子の大群を見かけ、何だろうと思って覗いてみると、

そこにはバスケの四天王と呼ばれる多田竜二(ただりゅうじ)、

若宮恭介(わかみやきょうすけ)、宮本瑠衣(みやもとるい)が

バスケットボールの練習をしてる最中でした。

取り巻きの女子達に絡まれないようにその場を立ち去ろうとした時に、

美月の方にボールが転がってきてしまいます。

ボールを拾おうした美月ですが、

取り巻きの女子に突き飛ばされてしまいます。

入り口に倒れてしまった美月のそばに四天王と呼ばれる最後の一人、

浅倉永久(あさくらとわ)が立っていて、

美月に一言「そこ邪魔なんだけど」と言い放ちます。

印象最悪なうえに、なんと彼らが美月のバイトしている

カフェにも現れるようになって・・・。

 

一人ぼっちの美月が、彼らと関わっていくことで

生活がどんどん変化していきます。

そして美月の待ち焦がれていた大好きな友達のあやちゃんも登場して!?

美月は誰とどんな恋をするのか?ドキドキワクワクがとまらない!

 

f:id:mana-mana717:20170521221020j:plain

 

■30代がはまる要素が満載な「春待つ僕ら」の感想

 

胸が弾けるような青春恋愛漫画に胸がキュンキュンします。

出てくる登場人物が一人一人すごく丁寧に描いてあって、

親近感が沸きます。

美月のキャラもすっごく普通なところがとてもいい(笑)。

あなしん先生が高校時代にバスケットボール部だったということで、

この「春待つ僕ら」もバスケットボールがベースになっていて、

ザ.青春!って感じもいいのです!

王道の恋愛漫画のストーリーなんですが、

あなしん先生の絵が私の好みっていうのもあり、

ほんとに見てるだけで楽しめてしまえるんですよね!

出てくる男の子達もすっごく魅力的で、

二次元の世界から抜け出せなくなりそうです・・・。

 

f:id:mana-mana717:20170521221158j:plain

とにかく、今7巻まで出ているのですが、

何度も読み返してしまえるほどに面白いと思います。

続きもすっごく気になりますし、

まだまだ終わってほしくないので、

ゆっくりじっくり色んな話を交えながら進んでいってほしい

「春待つ僕ら」の30代の個人的な感想でした!

 

f:id:mana-mana717:20170521221226j:plain

 

ちょっと時間があったら1巻づつ解説していきたいなと思っています(笑)