おすすめの少女漫画!30代からでもハマる名作

大人になってもトキメキを感じたい!30代からでも楽しめるおすすめ少女漫画を独自の世界観で紹介するブログ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜を読んだ感想、登場人物やあらすじ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜の漫画紹介

 

 

 

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜/丘上あい

 

作者 丘上あい

 

発行元 講談社

 

掲載誌 BE•LOVE

 

2019年11月現在、5巻まで発売されています。

 

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜の登場人物

 

荻野 爽(おぎの さやか)

 

明るく快活な35歳のバリキャリ女性

一真と結婚10年になるが、子供が欲しいと思っている。

 

 

荻野 一真(かずま)

 

優しく仕事もできる爽の夫。

子供が欲しいという爽に、あまりいい返事をしない。

 

 

瑠衣(るい)

 

爽と居酒屋で意気投合して以来の友人。

いつも爽の愚痴を聞いてあげている、

自身の彼氏は働かないニートだと公言している。

 

 

秋山 慶一(あきやま けいいち)

 

爽の高校時代の彼氏。

結婚しているが、ひょんなことから

爽と再会する。

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす~のあらすじ

f:id:mana-mana717:20191122220019j:plain

 

バリバリのキャリアウーマンの爽は、

ハイスペックな夫、一真と結婚して10年目。

 

35歳になり、子供が欲しいことを一真に告げると

拒否されてしまいました。

 

失意の底にいる爽を救ってくれるのは、

通いつけの居酒屋でいつも一緒に飲んでいる

年下の友人、瑠衣でした。

 

瑠衣のことを、心から信頼し、

なんでも打ち明けていた爽。

 

そんな瑠衣は、実は一真と不倫をしていたのでした。

 

一方の爽も、仕事の関係で取材したお店のオーナーが

高校時代の元彼だったことで、

偶然の再会を果たします。

 

いけないと分かっていても、

胸のトキメキが止められず!?

 

愛に、裏切り、絶望と登場人物が全員悪者という衝撃のストーリーです。

 

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜を読んだ感想

f:id:mana-mana717:20191124220612p:plain



なかなかのドロドロ具合にかなり引き込まれます。

瑠衣の素性がわかればわかるほど、

怖い内容になっていて、

 

6巻あたりからだいぶ話の展開が進みそうな予感がしています。

 

爽や一真の生い立ちの背景なども、

話の内容にグイグイ食い込んできますね!

 

一番の被害者だと思っていた爽が、

今後どうなっていくのかも楽しみです。

 

これが、現実の世界であると思うとかなりゲッソリしそうですが、

 

漫画だと思うから楽しめるのでしょうね。

 

瑠衣と秋山の過去が今後の鍵を握っていそうです!

 

日常生活に退屈さを感じている方は楽しめる内容ではないでしょうか。

 

px.a8.net

 

ギルティのようなちょっと大人な恋愛ものが好きな人におすすめ

アニメ、ドラマ、音楽、オリジナルコンテンツなど、

さまざまな映像が楽しめる「Ameba TV」。

 

登録すると全てのコンテンツが見放題です!

▼こちらから▼

すべての作品が見放題【Abemプレミアム】