おすすめの少女漫画!30代からでもハマる名作

大人になってもトキメキを感じたい!30代からでも楽しめるおすすめ少女漫画を独自の世界観で紹介するブログ

「暴君の行方」102話のあらすじや一部ネタバレなど!ジエンがとりあえず向かった先は過去の仕返しをしたい人!?

お知らせ:いつもこのサイトを読みにきて頂いている読者の皆様へ、本当に感謝しております。ネタバレサイトのモラルの問題を考え、今後、ネタバレの内容は全てが伝わる内容を書くのは控えさせていただきます。自分の好きな作家さんの漫画が、きちんとした評価を得て、皆様の購買意欲に繋がるよう心がけて、読んだ感想を中心に紹介していきます。今後ともよろしくお願い致します。

 

「暴君の行方」102話のあらすじや一部ネタバレ

ジエンが去っても尚、ジエンを思うナセル公子とカールリス

カールリスは落ち込んでいるナセルに声をかけます。

お前が関わると、親や兄弟に迷惑がかかるぞ、俺は母親が皇帝の妹だからなんとでもなるがな。

ナセルは親や兄弟に迷惑をかけない方法ならあると言いました。

ジエンに一生を捧げる約束を守るつもりでいるのです。

逆にカールリスの心配をするナセルですが、皇族に興味のないカールリスはまったく気にしていません。

天才魔法使いだからな!とドヤ顔のカールさん素敵です。

そこで、本音をもらすカールリス。

「結構、本気でジエンのことを好きだったみたいだ。」

ニカッと笑うカールリスの笑顔、素敵です。

ナセルとカールリス、本当にジエンのことを大事に想っています。

僕たち、重症だな、と笑うナセル。

お互いに見つめあい、認め合っているように見えました。

ジエンの好きな場所に行く前に、やっておくべきことが!?

コンコンッ!

誰かの家の玄関をノックします。

どなた?

中から出てきた女性はジエンの顔を見て驚きました。

お久しぶりです!メイド長!

ジエンは皇宮でさんざんイジワルされた元メイド長ミリアムにイジワルしてくれたおかげで、遠征に行けて、グレント侯爵の養女にもなれたと嫌味たっぷりに下手な芝居で感謝を伝えます。

顔面蒼白のミリアムがちょっと気の毒に見えますよ?笑

次に向かったのは、ラムドス卿の家です。

ナセルにボロ負けしたあのラムドス卿です。

ジエンはナセルの代わりに仕返しをしたかったようですね。

可愛いとこありますね!

次は本当に会いたい人の場所に向かいますが?

仕返しも終わり、あとは本当に会いたい人に会ってから身を隠したいジエン。

一緒に短期で働いたメイドのソフィアやエマ、セシリアに会いたいと言いますが、ヘカテが身分の低いものは尋問される恐れがあるというので、諦めます。

少し考えて、バーリア様とロアナ様に会いに行こう!と顔を輝かせるジエン。

ジエンはこの2人には本当にお世話になったと思っていました。

ロアナの家に向かいますが、あいにく留守のようです。

そしてバーリアの家に向かうのですが…。

103話に続く…。

暴君の行方|無料漫画(まんが)ならピッコマ|作画: DIAN 原作: Yu Han-ryeo

「暴君の行方」102話の感想と考察

ジエンが去ってしまったあとの、ナセル公子とカールリスの男同士の本音にぐっときました!こんに想われてジエンがめちゃくちゃ羨ましい!皇太子には命を狙われるほど愛されていますけど…。それはそれで、やっぱりジエンに魅力があるってことですよね。

最初は本当に平凡なメイドで、ヘカテという美形の幼馴染がいて、ナセルにはほっかむりの妖怪と呼ばれ…。

ここにきて、まだジエンとナセルが出会ったばかりの話が思い返されて、最初から読みたくなってきます。

まさかこんな展開になるなんて!もうすぐ話が最終話になってしまうなんて!感慨深さを感じると同時に、まだまだジエンとヘカテ、ナセル、カールリス、ベルハルトの絡んでくるストーリーを読みたいと物足りない気持ちもあります。

ですが、もう終盤。

ジエンはどうなってしまうのか?因縁は解けるのか?ナセルとはもうこのまま終わりなのか?ヘカテの今後も気になっています。何気にヘカテが一番優秀ですよね?ジエンのこともずっと守ってきてますし。

あ、そうそう、最後にバーリアの家に行っちゃうジエン、やっぱり引き寄せ体質で間違いないようです。

敵の住処にやすやすと赴いてしまいましたが、どうなるのでしょうか?

manacomicsmania.hatenadiary.com