おすすめの少女漫画!30代からでもハマる名作

大人になってもトキメキを感じたい!30代からでも楽しめるおすすめ少女漫画を独自の世界観で紹介するブログ

「稲妻とロマンス」最新話!7話のネタバレ☆ついに麗央が菫に告白!?でも付き合うことはできない?

「稲妻とロマンス」7話のネタバレ

 

麗央の告白

「菫はオレのだから」

二ノ宮さんの発言に動揺する菫。

(どどどど、どういう意味!?)

言葉通りに受け取っていいのか迷ってしまいます。

ドキドキして事の次第を見守る井ノ脇くん。

菫に近づき、ちゃんと話すので時間をくれないかと頼む麗央。

うなずく菫。

井ノ脇くんはゴシップの予感にウキウキして話をききたがる素振りです。

麗央がビシッと言いました。

井ノ脇、お前はもう帰れ、そしてこのことは忘れろ、さもなくば命はない。

は、はい…。

誰もいない教室で向き合って座る菫と麗央。

何を言われるんだろうと緊張する菫。

すると、突然、麗央が床に正座します。

二ノ宮さん!どうかしたんですか?

いや、色々と想定外すぎて、ちょっと緊張しています…。

黙ってしまう菫。

だいぶ昔になりますが、オレは吉沢さんに救われたことがあります。

会ったことがあるんです。

えっ!?私と二ノ宮さんが?

驚く菫。

でも、そんな記憶ないです…。

道案内とか?とどうにかして思い出そうとする菫。

吉沢さんに取っては道案内ほどのささいなことだったんです。

でも、オレにとってはものすごい大きなことでした。

それから色々あって、生活を変えるために高校に入って、まさか出会ってしまうとは思いませんでした。

気がつくと目で追って、ずっと遠くから見ていました。

気持ち悪い発言ごめんなさい、でもストーカーとかではないです。

何かがこみ上げてくる菫。

その後に、同じクラスになって、まさか好意を持たれるとは…。

ま、待って!!

麗央の言葉をさえぎる菫。

それって、なんだか、まるで私のこと…。

好きです、めちゃくちゃに。

言ってしまって、一気に顔が真っ赤になる麗央。

フードで顔を隠してしまいました。

困ってるんです、こういう感情は初めてなので…。

麗央と付き合えない理由は?

麗央からの突然の告白に頭がついていかない菫。

(うそでしょう!?)

でも!と手に力をこめる麗央。

吉沢さんの気持ちにはこたえられません、すみません。

吉沢さんには幸せになってもらいたい。

望んでもらえるなら、困ってたら助けますし、傷つけるものから守りたいです。

でも、オレは恋愛の相手にはなれません。

少しの沈黙。

それは、何か理由でも?と菫。

理由は言えません、すみません。

言いたかったのは結論の部分なので、途中の内容は忘れて欲しいという麗央。

明日からはまた距離を保ちます。

ずいぶん、ズルくて酷くて難儀なことを言いますね?とズバッと言う菫。

本当に、すいません、そう思います…。

何度も頭を下げたまま謝る麗央…。

菫の決断

家に帰ってお風呂に入っている菫。

今日のことを思い出します。

(嬉しくて、悲しくて、それで…)

次の日は鳥のさえずりが気持ちいい晴天でした。

麗央がマンションから出てきます。

すると外で菫が立っていました。

何してんスか!?

あ!おはようございますと挨拶する菫。

急で悪いとは思ったのですが、昨日のことで私も言わせてもらいたいことがあって…。

大丈夫だけど、学校終わってからの方が良かったのでは?

そうなんですけど、内容的は今の方が都合がいいので…。

ん?

えっと、学校さぼってデートしてもらえませんか?

は?

最初で最後なので…。

菫の真剣な顔を見つめる麗央。

ちょっと待っててくださいとどこかへ行く麗央。

待っているとドルドルとエンジン音が近づいてきました。

バイクにまたがった麗央が菫の横にとまります。

どこ行きますか?

バイクッ!!

ヘルメットを渡されて、受け取ります。

本当にさぼりいいんスか?

大丈夫です!!

菫は井ノ脇くんに、二ノ宮さんとサボるのでサポートして欲しいとメールを送っていたのでした。

エモい展開来てるなぁ!とメールを見てニヤニヤしている井ノ脇くん。

諦めません!!

2人は海に到着しました。

こんななんもないとこで本当に良かったんスか?

えっ!青春って感じでいいじゃないですか!

満喫しましょう!と笑う菫。

2人は海に足をつけたり、砂で城を作ったりと海遊びを楽しみます。

休憩がてら、堤防でアイスタイム。

海の音とそよぐ風に気持ち良さそうな顔をする麗央。

あの、最後ってことで、キスとかしてもらったりできないですかね?

菫の突然の発言にパピコをのどに詰まらせる麗央。

ゴホッゴホッ!

険しい顔でダメに決まってると一言。

…ですよね。

二ノ宮さん、すみません。

なんだ?

最後っていうのはウソなんです、私、二ノ宮さんを諦めません。

ず、ずるくない…スか…?

はい、でもズルいのはお互い様なのでセーフでしょ。

二ノ宮さん、私の幸せは私が決めます。

今、何よりも嬉しいのは、二ノ宮さんと一緒にいるときなんです。

私が二ノ宮さんを抱きしめる人になりたい。

菫をじっと見る麗央。

ふっと笑います。

どうして笑うんです?

…眩しいなと思って。

?確かに日差しはまぶしいですけど…。

急に麗央の顔が近づいてきました。

手で口をふさいで、その上から菫にキスする麗央。

えっ!えええ!?

驚いてのけぞる菫。

本当に困らせる人だと笑う麗央。

菫は泣きそうになりました。

これは、もしかして、彼女になれるってことでしょうか…?

…。

どうして黙るんですかっ!?

 

「稲妻とロマンス」を漫画で読むなら〔まんが王国〕〔U-NEXT〕がおすすめです!

まんが王国なら〕3000作品以上の無料漫画、電子コミックがザクザク読めます!

最大50%のポイント還元あり!

期間限定で80%のポイント還元もあり!

今なら無料キャンペーン実施中!

登録無料です↓

 

〔U-NEXT〕なら無料トライアル期間あり!

登録後31日間は無料で視聴できる作品が180,000本以上!

無料でもらえる600ポイントで「稲妻とロマンス」が読めちゃいます!

80誌以上の雑誌も無料で読めます。

無料トライアル期間に解約したら料金も発生しないので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか♪

登録はこちらから↓

「稲妻とロマンス」7話の感想と考察

f:id:mana-mana717:20200701231453j:plain

ついに、麗央が自分の思いを打ち明けましたね!

菫ちゃん、嬉しい反面、でも彼女にはなれないとわかって辛かったでしょうね。

と、思いきや、朝から麗央を出待ちする菫。

まさか、学校サボってデートのお誘いとは!!

菫ちゃん、結構大胆な行動に出ちゃうから、麗央さんもビックリでしょうね。

でも、菫ちゃんのしたいことは、ちゃんと叶える男・麗央。

バイクで登場って似合いすぎでしょ!笑

行った先は海で、本当に青春って感じでキラキラしてました。

最初で最後と言いながら、麗央を諦めないと宣言した菫。

そんな菫に対して、自分の手越しにキスをした麗央。

これは…彼女になれる可能性…アリ?

麗央の意図が早く知りたいです!

次号、休載なので、また連載されたらネタバレ書いていきたいと思います!