30代からでもはまる!おすすめ少女漫画

大人になってもトキメキを感じたい!30代からでも楽しめるおすすめ少女漫画を独自の世界観で紹介するブログ

やまもり三香先生の最新作「椿町ロンリープラネット」に心が躍る30代のつぶやき

■30代のつぼにはまる胸キュン少女漫画

 

ひるなかの流星」に続き、次の最新作もなんておもしろいんでしょう!(笑)

前作は沢山食べる主人公でしたが、今回は沢山作る主人公とやまもり先生自ら紹介していました!

 

個人的に、年上の男性との恋愛経験があまりないので、内容的にどうかな?楽しめるかな?とちょっと不安でしたが問題なくトキメキました!

 

それではご紹介、「椿町ロンリープラネット」/やまもり三香先生

こちらの漫画は2017年5月現在、7巻まで発売中です。

 

f:id:mana-mana717:20170527003257j:plain

 

■歳の差のある男女がひとつ屋根の下!?椿町ロンリープラネット」の30代目線のあらすじ紹介

 

主人公の大野ふみ(おおのふみ)は、幼いころに母親を亡くしていて、父親と2人で貧しいながらも楽しく暮らしていました。

 

そんなある日、父親から借金が600万あると聞かされます。

 

呆然とするふみですが、更に父親は借金を返す為にマグロ漁船に乗るとのこと。

父親の知り合いのツテでふみは、住み込みで家政婦をしながら学校に通うように言われます。

 

家賃も光熱費も食費もタダで、その上お給料までもらえるとのことで、ふみは借金を返す事を前向きにとらえ、俄然張り切ってその住み込みの家に住む木曳野暁(きびきのあかつき)の家にと向かうのでした。

 

ドキドキしながらも、お世話になる家主にご挨拶しようと張り切るふみですが、出てきたのは想像以上に若い青年で?!

そのうえ感じもすっごく悪い?!

 

それでも何とか一緒に生活をはじめた二人ですが、お互いの距離感や相手に対する自分の想いが何なのか?

手探りで始まっていくラブストーリーです。

 

他にも出てくるキャラが個性いっぱいでじっくり何度でも読み応えあり!

ひるなかの流星」からのほんの少し繋がりある人も居たりして、細かい所まで楽しませてくれるやまもり先生に感謝します(笑)

 

f:id:mana-mana717:20170527003338j:plain

 

 

■「椿町ロンリープラネット」の30代の読んだ感想

 

ふみのような女子力高めの女子がやっぱりもてるんだな~なんて思いながらも、今更自分には無理だー!!と思いながら読んでしまいました。

 

本当に生命力のある女子ってこうゆう子のことなんだろうなって思います。

結構、参考にできそうなふみの行動とかもあったりして。

(今更遅いかもだけど)。

 

木曳野暁先生が(小説家なので先生)、野生的なタイプの男で、とにかく直感で動く雰囲気をもっています。

 

恋愛に対しては不器用というか、ぶっきらぼうというか、相手の気持ちが分かってあげられないタイプなんでしょうね?

 

でも男気はあってすっごくいい男なんです!

 

あと、「ひるなかの流星」に続いて、ふみの服装や髪型も可愛いですよ!

30代ですが、何気に高校生のファッションチェックみたいな感じで参考にしてしまいます。

 

椿町ロンリープラネット」は少し、「和テイスト」な雰囲気で、絵のテイストも古きよき日本って感じで結構好きです。

まだまだこれから面白くなりそうな展開なので、ぜひ読んでもらいたい少女漫画です!

 

f:id:mana-mana717:20170527003423j:plain

 

7巻には「ひるなかの流星」の獅子尾先生のお話が収録されていますよ♪

 

 

椿町ロンリープラネット(4) (マーガレットコミックス) [ やまもり三香 ]

価格:432円
(2017/6/14 00:13時点)
感想(1件)

椿町ロンリープラネット 1-7巻セット [ やまもり三香 ]

価格:3,024円
(2017/6/14 00:14時点)
感想(0件)

 

 

 

春田なな先生の「つばさとホタル」にはまる30代のつぶやき

「リボン」って子供の時からどうしてこうも

私の心を摑んで離さないのでしょうか?

もちろん「なかよし」や「ちゃお」も好きでしたが、

(わかる人だけ共感してください(笑))、

「リボン」ってなんか少女漫画の王道って感じで格別だったんですよね~!

 

そんなリボンマスコットコミックスから今回紹介するのは

「つばさとホタル」/春田なな先生です。

こちらの漫画は2017年5月現在、9巻まで発売中です。

 

f:id:mana-mana717:20170522000755j:plain

 

■「つばさとホタル」のざっくりとしたストーリー紹介

 

高校に入学したばかりのころ、

貧血で動けなくなっていた園川つばさはそのときに助けてくれた

杉山先輩に猛アタック中の日々をすごしていました。

しかし、つばさのストーカーのような行為に先輩はついにギブアップ!

「俺、君みたいな子無理だわ、重い」と拒絶されてしまいます。

世話焼きの面が悪いほうに出てしまったつばさを

1つ年上の幼馴染の蝶野友梨(ちょうのゆり)は注意しつつも、

つばさのそうゆう所をいいって言ってくれる人は絶対いると慰めてくれます。

話している時に、友梨の手をかばうようなしぐさを見逃さなかったつばさは

世話焼きスイッチマックスで心配します。

ちょっと自転車にぶつけられて痛いだけという友梨ですが、

つばさは何かできることはと食い下がります(笑)

そこで友梨は自分のバスケットボールのマネージャーの仕事を

つばさに手伝ってもらうことにするのでした・・・。

このことをきっかけにつばさの生活は一変します。

つばさの世話好きで尽くし体質な性格はバスケットボール部

皆の気持ちをがっつり摑んでいき、

友梨の手が治るまでのお手伝いということで始めたマネージャーの仕事も

楽しくやっていくつばさでした。

そんな忙しい毎日を過ごしている矢先に、

あんなに尽くしていた杉山先輩に呼び出され、

急に会いにこなくなったら気になって

好きになってしまったと告白されるつばさ。

でもバスケットボールの手伝いで充実しているつばさには、

あの時感じていた先輩への思いがすっかりなくなっていたのでした。

正直に貧血で倒れていた自分を助けてくれたお礼と

その時に側にあったタオルを先輩に返しながら

「先輩とはつきあえない」と伝えるつばさ、

そんなつばさに先輩は、

「俺そんなことしてないし、そんなタオルも持ってない」と一言。

なんと、つばさの大きな勘違いだったのでした。

逆上して怒り出す杉山先輩にオタオタとするつばさ。

その様子を偶然通りかかったバスケット部員に話しかけられ、

つばさは助けてもらいます。

握りしめているタオルを部員の一人が見て言います。

「それってアキのタオル?」

そのタオルには”アキ”と名前が端のほうに書いてありました。

それを見た”アキ”こと飛鷹顕(ひだかあき)は、

「園川のこと、なんか見たことあると思ってたんだけど、

 あの時の子だったんだ」と・・・。

運命が動きだす、つばさの青春ラブストーリー始動です!!

 

f:id:mana-mana717:20170522001405j:plain

■「つばさとホタル」を読んだ感想、

 30代の胸に響くもの

 

高校生の純粋で可愛い恋愛に心がほっこりと和んでしまいます。

つばさやアッキー(飛鷹顕)のように一途に誰かを思えることが

すごく羨ましいと感じてしまいました。

自分の気持ちになかなか気づかないアッキーと、

ただひたむきにアッキーの事が好きなつばさの気持ちの

温度差が徐々に縮まっていく様子が見ていてすごく楽しいです。

つばさの事が気になってくる、バスケット部員で

学年一のイケメンの鳥羽結真(とばゆうま)もとても魅力的な男の子で、

アッキーとの恋を応援しながらも、

ちょっと鳥羽君とくっつくのもありなんじゃない?

など色々想像して読めてしまいます。

恋愛に対して鈍感なアッキーがどんどん変わっていく様子が

私の一番好きなポイントかもしれません!

とにかく、2人の仲が本当に進まないんです!(笑)。

でも逆にそれがいいと思えてしまうような内容なんですよね~!

是非、どんな風に2人の仲が深まっていくのか、

30代の女子にも絶対に楽しめると思いますので

読んでいただけたらと思います!

 

 

f:id:mana-mana717:20170522001430j:plain

 

絵もとっても綺麗で可愛いですよ♪

個人的に、少女漫画を選ぶ時に「絵」って基準の中で高い位置にあります!